新築一戸建てをローコストで手に入れる方法

家は人生の中で大きな買い物ですが、新築一戸建てとなればかなりのコストがかかります。
住宅の規模が大きくなるほど価格も上がるので、価格を抑えるとなると狭くて小さな家を選ばないといけないと考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。
しかし、新築一戸建てでもポイントを抑えておけば、ローコストで手に入れることができるのです。

新築一戸建てをローコストで購入する3つのポイント

見積書を見ただけではどこをカットするか判断することは難しいです。
しかし、あらかじめカットすると良いポイントを理解しておくと、失敗を抑えてローコストにできます。
新築一戸建てをローコストに抑えられる主なポイントは3つです。

・家の形状は正方形か長方形でコストダウン
土地の中には歪な形状の土地もあり、そのような場合は家の形状も凸凹と複雑化してしまいます。
凸凹している形状は整った形に比べて外壁面が多くなってしまうので、その分のコストがプラスされてしまうのです。
さらに、複雑な形状は間取りの使い勝手が悪くなることも考えられるでしょう。
延床面積が狭くなる可能性もありますが上から見た家の形状はシンプルに正方形か長方形にするとローコストかつ、使いやすい間取りをプランニングできます。

・オープン外構でメンテナンスのコストをカット
見た目やプライバシーなどに考慮してフェンスや塀で敷地を囲う場合もあるでしょう。
そのようなエクステリアは設置に予算がかかる上、見た目や性能を維持するためにはメンテナンスが必要となり、ランニングコストがかかってしまうのです。
住宅ローンを利用すれば購入後は返済の負担もあるので、メンテナンスを少しでも軽減してコストダウンを図るなら、外構を設けないオープン外構がおすすめです。

・1階と2階の床面積を合わせる
設計によっては1階と2階の床面積が異なる場合があります。
1階屋根部分に2階が建つような構造の場合、1階に屋根を取り付ける必要があるので屋根分のコストがプラスされます。
そこで、1階と2階を柱でつなげて同じ床面積にすることで1階分の屋根がなくなり、工事も減るのでコストダウンにつながるのです。
設計図を見た時、2つの階の床面積が異なる場合、総2階構造に変えてみましょう。

優先順位を明確にしよう

自分の好みや希望ばかりを反映した家を考えると、コストが予算を大幅にオーバーする可能性があります。
予算にも限度があるため、家族で話し合って優先順位を決めることがローコストでも満足できる住宅購入の大切なポイントです。
まずはどんな家にしたいか家族同士で意見を出し、それを箇条書きでも良いのでメモします。
その内容から妥協できないものを絞り込み、必要だと思ったものから順位をつけていきましょう。
優先順位を決める際は、どの部分をどうこだわるのか希望のイメージを具体的にしておくと良いです。
自分たちの希望を建設会社に詳しく伝えられれば、理想とはかけ離れた提案を回避できます。
希望が上手く伝わらないとローコストどころか、ハイコストの提案を受ける可能性があり、購入トラブルでも多い問題なので注意しましょう。

こだわる部分と削る部分のメリハリをつける

限られた予算範囲ないで抑えようとコストダウンばかり意識すると、こだわりや面白味のない戸建てとなってしまいます。
住み心地の良い新築一戸建てを手に入れるのであれば、コストダウンばかりに目を向けず、お金をかけるこだわり部分と削っても大丈夫な部分と、取捨選択にメリハリをつけることが大切です。
こだわりたい部分はとことんこだわることで、思い入れの強い家を手に入れられるでしょう。
金銭的に新築一戸建ては難しい、希望を削ってしまうと住み心地が悪いとは考えず、まずは家族同士でどんな家を求めているか話し合ってみてください。

あなたの探していた新築一戸建て・分譲住宅が北摂・阪神間で見つかります。
北摂・阪神間の新築一戸建て・分譲住宅なら、こちらのサイトをチェックしてみてください。

オススメサイト

  • 昭和住宅株式会社

    明石の新築一戸建てや土地などの情報をお探しの方は、こちらのサイトがオススメです。
    これから新築一戸建てを購入しようと考えている方に向けて、イベントやお役立ち情報が満載ですよ。

最新記事一覧