シンプルな家づくりをするならローコスト住宅

リビングの間取り図

間取りやデザインなど、個性を必要としないシンプルな家づくりを考えているのであれば、新築一戸建てはローコスト住宅が最適です。
なぜ最適なのか、その理由を解説していきましょう。

凹凸のないデザインの外観はコストを抑えられる

自分が考えている家が凹凸のない外観、間取りであればローコスト住宅が合っています。
2階建ての家の場合、1階と2階の面積が同じで正方形や長方形の外観であれば、使用する木材などの材料も規格外のものを使用することがないので、コストを掛けずに家づくりを行えるのです。

間取りもシンプルであるほど費用を抑えられる

次に間取りについてですが、リビングやダイニング、寝室に子ども部屋、トイレに浴室が一般的ですが、書斎やスキップフロア、納戸やシューズクロークなど快適に暮らすためにいくつもの部屋や収納を増やしてしまうと、建具や木材などが余分に必要となってしまうので、費用が高くなってしまいます。
そのため、間取りもシンプルである方が費用を抑えられるのです。
寛げるスペースに食事をするスペース、寝るスペースなど必要最低限の部屋があれば良いと考えているのであれば、ローコスト住宅でも費用を抑えたまま希望通りの家づくりをすることができるでしょう。

最新記事一覧