ローコストでも家が建てられる理由

家と豚の貯金箱と電卓

なぜローコストで家を建てられるのか不思議に感じている人も多いのではないでしょうか?
そこで、ローコストで新築一戸建てを建てられる理由について解説していきましょう。

プラン化にしてコストを下げている

家づくりを行うにあたって、企業によっては家の材料や仕様、形状をプラン化している場合があります。
同じ仕様であれば材料も同じもので良いので、大量に仕入れることができます。
その結果、費用を下げることができるのです。

経費をかけていない

人件費や広告費を最低限に抑えることで、家づくりにかかる費用を下げている企業もあります。

中間マージンがない

企業によっては建具などを製造している場合もあります。
中間マージンが発生しないので、その分費用が抑えられるのです。
また、建材店や材木店が建築している場合にも材料の仕入れも自社で行えるのでコストダウンができるのです。

粗悪品を使用している

家づくりに使用している材料が粗悪品である可能性もあります。
材料を安く手に入れることができるので、ローコストで家を建てることができます。
また、見えない部分を手抜き工事している可能性も考えられるので、構造上に欠陥がある場合もあるのです。
このようなローコスト住宅はあってはならないものですが、中には粗悪品を使用している企業がある可能性も考えられます。
見極めるためには口コミや評判なども参考にしてみましょう。

最新記事一覧