注文住宅でも工夫することでコストは抑えられる

間取り図

注文住宅の場合、希望通りの家づくりを行うのであれば膨大な費用が発生するのではないかと不安に感じる人も多いかと思いますが、工夫をすればコストは抑えられるのです。
その方法をご紹介していきましょう。

屋根をシンプルな形にする

寄棟、切妻、片流れなど屋根の種類は複数ありますが、寄棟は棟が多くなってしまうので必要になる材料が増えてコストが増えてしまいます。
上記の3つの中では片流れがコストを1番抑えられるので、屋根の形にも注目して家づくりを行いましょう。

窓のサイズにも注目

明るい家にするために、窓を大きくしたり数を増やしたりしていませんか?
窓の数を減らすだけでもコストダウンにつなげることができます。
例えば、日が当たる西側の窓を減らすことで冷房費の節約にもなるのでオススメです。

間仕切りをなくした家づくり

間仕切りを減らすだけでも費用を抑えられます。
例えば子供部屋は小さいうちは個室も必要ないので、オープンな間取りにします。
壁に使用する材料がなくなるのでコストダウンできるのです。
将来的に個室にしたい場合、ドアや照明をあらかじめ2ヶ所に設けておくことで簡単にリフォームできます。

収納に扉を付けない

収納については扉を付けないことで費用を抑えることも可能です。
頻繁に使用するのであれば扉があることで手間も増えてしまうので、思い切って付けなければ手間もなくなり便利です。

最新記事一覧